ウマ娘に登場する主人公のスペシャルウィークは武豊が主戦騎手を務めていました。

武豊は歴代最多勝利の記録を持つ、現役名ジョッキーです。

 

ウマ娘は競走馬を女体化して、駆け足競走をさせる設定なので、騎手が騎乗するという概念はありません。

 

そんな中で武豊は唯一、ウマ娘に騎手として登場するキャラクターです。
武豊自身もウマ娘のプロモーターとして携わり、アニメ第5話の日本ダービーで解説役として登場し、声を本人が直接担当しました。

 

ちなみに、ウマ娘主人公のスペシャルウィークは現役時代に武豊が主戦騎手を務めていました。
プロモーターとして最適な人選だったと評価できます。

 

スマホアプリのCMに出演

サイゲームズより提供されるウマ娘のスマホアプリでは、武豊がプロモーターに就任して、CMに登場しています。

 

ウマ娘は牡馬を含めて全て女体化を行い、オタク向けの萌え系作品になったことで、一部でアンチ派の人もいますが、現役最強ジョッキーが出演するお墨付きの作品です。

 

歴代の名馬を実名で使って特徴をよく捉えているので、競馬を覚えたい初心者の人にもオススメの作品です。

 

CM動画

 

騎手としての武豊

武豊は1969年3月15日生まれで、2019年3月に50歳の誕生日を迎えました。
祖父は馬主協会元会長、父は元騎手と競馬一家で育っています。

 

競走馬は血統が重要で良血の人間を「サラブレッド」と例えることもありますが、武豊も競馬界におけるサラブレッドです。

 

武豊は3男で、一つ下の弟である4男の幸四郎も元騎手でトップジョッキーとして活躍し、2017年より調教師になっています。

 

1987年にデビューした若手のころから天才と呼ばれ、数々の最年少記録を塗り替えてきました。

 

30年以上の現役生活の中で、日本ダービー5勝通算4,000勝以上地方を含めるとG1タイトル100以上JRA全国リーディングジョッキーを18回獲得歴代最多騎乗数記録などJRAの記録を多数持っている歴代最強ジョッキーです。

 

 

 

武豊は何歳まで現役を続ける?

2018年の武豊はリーディングランキングでベスト10に入り、未だにトップジョッキーとして活躍しています。

 

G1勝利こそなかったものの、数々の重賞タイトルを手にして、ドバイワールドカップにも遠征するなど、調教師やエージェント、馬主からの評価は非常に高いです。

 

武豊の前に歴代最多勝記録を取っていた岡部幸雄騎手は57歳で現役を引退しました。
50歳を迎えて、全盛期に比べると衰えが出ている部分もありますが、まだまだ現役を続けていくことでしょう。

 

最終的には調教師の道を考えているかもしれないですが、行けるところまで現役を貫くことが予想されます。

 

現時点ではこの先2~3年程度で引退する可能性は低く、最低でも5年以上は現役を続けるのではないでしょうか?

 

ちなみに加齢にも負けずに現役へこだわり続けたメジャーリーガーのイチロー選手とは1995年にラジオ番組で知り合ってから深く付き合うようになり、自主トレを一緒に行っているエピソードを持っています。

 

レジェンド同士で気の合う要素があったのでしょう。