実際の競走馬をモチーフにしたウマ娘のゴールドシップの特徴、現役時代をご紹介します。

ゴールドシップはウマ娘の中で謎の要素を秘めるキャラクターとして登場します。

 

アニメの中では主人公のスペシャルウィークと同じチームスピアに在籍していますが、練習に精を出さずにゲームで遊んだりスイカを割る練習などをしています。

 

見た目は芦毛の髪の毛にワイルドで強そうな風貌を持ちますが、マイペースで謎の多いキャラクター設定です。

 

スペシャルウィークとタイキシャトルが激突する模擬レースの中では、なぜか焼きそば屋台の売り子をしています。

 

アニメの中ではメジロマックイーンと仲が良くて、ゴールドシップがメジロマックイーンをチームスピカに連れてきます。

 

なお、ウマ娘としてのゴールドシップはバーチャルYouTuberとしても活躍しています。
ただしウマ娘の宣伝ではなく、自分の好きなことばかりをやっています。

 

 

 

現役時代のゴールドシップ

現役時代:2011年-2015年
性別:牡馬
:ステイゴールド
:ポイントフラッグ(母の父:メジロマックイーン)
戦歴:28戦13勝

 

 

 

主な戦歴
  • 皐月賞1着
  • 菊花賞1着
  • 有馬記念1着
  • 宝塚記念1着(2回)
  • 天皇賞・春1着
  • 凱旋門賞14着
  • 阪神大賞典1着(3回)

 

 

特徴、エピソード

父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンの配合は、オルフェーブルやドリームジャーニーなどの活躍もあり、黄金配合と称されている超良血馬です。

 

3歳クラシックでは皐月賞と菊花賞を制しますが、日本ダービーは5着でした。
3歳時には有馬記念を制し、古馬になってからは宝塚記念を2回制したドリームレースに強い馬です。

 

4歳から6歳の時も有馬記念に出走して、5歳と6歳時には1番人気になりましたが結果は残せませんでした。

 

希少が荒い性格の馬で人気を集めたレースで2桁着順に大敗するレースも度々見られて、凱旋門賞に挑戦するも実力を出し切れずに終わってしまいました。

 

勝率は低いですが、G1を6勝した実績を持ち、芦毛の馬では歴代最多賞金を獲得した記録を持っています。

 

扱いの難しい馬で、騎手の乗り替りが多く、外人騎手でも結果を出せなかったエピソードを持っています。

 

脚質は先行から追い込みまで幅広く、豪快なマクリで勝利したレースもありますが、強いレースを見せたレースはいずれも先行です。

 

中団の馬群を嫌う傾向があることとスタートを苦手にしていたことで、後ろからの競馬を余儀なくされることが多かったです。

 

ポテンシャルは非常に高く、単勝1倍台の人気を集めることは多かったですが、後方からのレースになって展開が向かないと実力を出し切れず馬券圏外に沈むレースもありました。

 

オッズが過剰反応することの多い馬で、芦毛の馬体や万能ではない希少面に愛着があり、ファンの多いスターホースです。

 

6歳時は結果を残せませんでしたが、G1を6勝した実績を持つとおり、大一番に強くて力を出し切れば手の付けられない馬でした。