北陸ガールズグランプリ

オーディション

オーディション概要

北陸女子の隠れた才能(モデル・音楽・ダンス等)を発見するべくオーディションを開催致します!
イベント当日、実際のランウェイをウォーキングできるチャンス!

► オーディション概要
・参加資格:13歳(中学1年生以上)〜30歳の女性
・最終エントリー数:40
 ※エントリー数は変更になる場合がございます。
・エントリー料:21,600円 税込(ウォーキングレッスン料)
 ※2次オーディション通過者のみ
 ※オーディション通過者の方はレッスンを受講していただきます
  →講師に前田智子氏をお迎えします
 ※オーディション通過者の方はイベント前日リハーサルに参加いただきます。
 ※交通、宿泊費は各自ご負担願います
► 応募条件
・13歳~30歳までの女性。(18歳未満の方は、保護者の同意書が必要です)
・1次書類審査通過後~本番終了以降の北陸ガールズグランプリの広報活動として、メディアへの露出が可能な方。
・2次オーディションおよび、ウォーキングレッスンは富山県富山市にて行います。
・2次オーディションおよび、ウォーキングレッスンに全て通える方(2016年4月に2回開催予定。)
► 応募方法
WEB(エントリーフォームより応募下さい)→エントリーフォーム
► スケジュール・選考の流れ
◆募集開始:平成28年2月7日(日)12:00〜3月8日(火)23:59まで
◆1次審査:書類審査
 *書類選考の結果は、合格者のみ、メール[ hokuriku-gp@tulip-tv.co.jp ]よりご連絡致します。
  ※上記アドレスのドメイン指定受信の解除をお願いします。
  ※ご応募時にお送り頂いた個人情報は選考業務に関してのみ使用させて頂きます。
  ※応募書類は選考後、実行委員会にて破棄させて頂きます。

◆2次審査:オーディション 日時:3月20日(日)13:00〜場所:富山県民会館
 *2次審査通過後、エントリー料(税込21,600円)をお支払いいただきます

◆ウォーキングレッスン 4月に2日間、別日にて予定
 *レッスンの講師に前田智子氏をお迎えします。

◆HOKURIKU GIRLS GRAND PRIX 本番当日
► 審査員
※50音順


総合演出

オガワジュンゾウ写真
オガワジュンゾウ
大阪市生まれ。大阪モード学園卒業
2004年に[ 有限会社オガワジュンゾウ クリエイツ ]設立。
2005年に、Christian Dior SHINSAIBASHI OPENING PARTYに現地ディレクターとして参加し、 また同ブランド(Christian Dior)の生誕100周年を記念して、清水寺でディオールコレクションを成功させている。
名古屋コレクションKICK-OFF-PARTYプロデュース、OSAKA FASHION FESTIVAL演出、TOKYO-Girls-collection演出補佐、OSAKA IMPORT COLLECTION演出、フランクミューラー氏、NYのヘアーデザイナースティーブンノル、世界的有名女優シンディークロフォードなどの来日イベント演出など多方面で活躍。

2008年『LOVE & COLLECTION』では演出プロデューサーとしてYahoo!JAPANドームに 2万人もの動員数で福岡を涌かせた。
2010年 小学館80万部少女コミック雑誌『ちゃお』より、『ちゃおガールコレクション』発足。全国6000人の中からオーディションし、ファッションや美容に特化したファッションイベントを総合演出する。また、同年、スナップ雑誌とファッションショーをリンクさせた自主制作イベント『GB STRUT』発足し独自の営業方法で開催している。
2011年 東北大震災チャリティーイベント『KEEP ON ACTION』開催8000人動員し、150万を公的支援団体に寄付。
2012年 日本カワイイ博総合演出、NAMBA FASHION FESTA 総合演出、KANSAI COLLECTION総合演出(第4回目〜7回目)
同年、世界的ファッション雑誌『VOUGE』主催の『FASHION’S NIGHT OUT OSAKA』総合演出。
2013年 中日新聞社主催 15万人動員するママイベント『HAPPY MAMA FESTA』総合演出 
あべのハルカスオープ二ングイベント『ソラハコレクション』 
グランフロント大阪コレクション&プレミアム会員『ウメキラスタイル』発足。
2014年 日本女子博覧会を発案し、企画考案する。のちに一大イベントとなり現在は演出を担当。
メンズラグジュアリー雑誌『GQ』主催イベント『GQ LIVE』総合演出
2015年 写シンデレラコレクションがランウエイ二スタコレクションに名称に変え、新たに発足関東大会、関西大会、九州大会をディレクション。同年、東京リッツカールトンでサバイバー(乳がん患者)がランウエイを歩くという、キャンサーギフトコレクションを成功させた。

その他、クリスチャンディオール、フェンディ、ランバン、ピエールカルダン、 ヌメロ ヴェントゥーノクラスロベルトカヴァリ、ケンゾー、ランコム、 フランクミューラー、マスターマインドジャパン、 5351プールレスフェム、ハンアンスン、フルカウントなど、国内外のブランドの演出プロデュースを担当している。

►OGAWA JUNZO CREATES INC.

講師

前田智子写真
前田智子
前田 智子
1986年10月13日東京生まれ
T168cm B/W/H 81/60/87
NY市の大学を卒業、バイリンガル。
2011 Miss Earth Japan・環境保全活動家
ダンサー・振付師
モデル・MC
ボディーラインスタイリスト
ピラティスインストラクター

NYから帰国後、2011ミス・アース・ジャパン(日本代表)に選ばれ、84カ国が参加した世界大会に出場。ナショナルコスチューム部門で優勝、総合トップ16位入りを果たした。現在は、Save Minamisoma Projectの親善大使、Team Earth Hour Japanの総合プロデューサーとしてWWF JapanのEarth Hourを推進。 環境問題のスポークスウーマンとしても活躍。

ジャズダンス・バレエに打ち込む中で、より自由な表現方法・コンテンポラリーダンスに出会い、ニューヨーク市所在のMarymount Manhattan Collegeへ 留学。
同大学で、グラハム、ホートン、ニコライ、カニングハム、リモーンテクニックに加え、解剖学、ダンス史、評論などダンスの学術面を学ぶ。振付けや即興といった技術も身につけ、自身の振付け作品Destiny ≠ Consequencesを同大学の代表として Dance Theater Workshopにて発表。ニューヨーク市で開かれるフェスティバルで振付師として選抜。

パーソナルトレーニングクラス『t-made body works’ Ownd』を設立。「芯のある女性を応援します。〜ただ痩せて骨の輪郭に頼るのではなく、筋肉で体のラインをつくります。女性の自信を応援します。〜自分でつくるから一生もの。今の体でキレイをつくりましょう。」を掲げ、様々な経験を生かしたオリジナルのピラティス法を女性に向けてレクチャー・発信しています。

►Tomoko Maeda Offical Site